Img_2294cfca10f19bf5994687cd159b31db
温度計
Img_d7ac5cef253b45f8872eda2051b27e4b
化粧が剥げた
Img_62272065703dfe694ccaa0e1160d6d25
過去の粉引
今日は朝の5時半に起きて窯焚きの真っ最中!

写真の温度は777度、投稿した現在は1000度程



最近は粉引きを中心に新しい土を仕入れては製作、早く焼きたくてウズウズ

やっと焼けると思ったのによく見ると化粧が剥がれた器がある、、、新しい土やん

乾燥中に剥がれるような器は、焼成しても剥がれて使えないので焼きません

この剥がれ方は土の方が化粧土より縮んだ時の症状、相性が悪かった

別の原土を水ヒした化粧土を改めて試します

でも、これ以外も新作が今回は窯に入ってるから楽しみ



写真のマグとソーサーは2年ぐらい前の作品

この当時の粉引きはいい色が出てたのに、しばらくするとテカテカした光沢が出たり、冷たい白さになったり、御本手らしい御本手というような丸い御本が出るように

このマグのような色を再現したいのになぜが出なくなってしまった

土も化粧も自然の物なので、似たような色をしてても仕入れるタイミングで違うだろうし、焼きも毎回同じには出来ない

それでも今回の窯には今手がけてる白い粉引きと、昔の粉引きを再現しようと試作中の器も焼成中

焼き上がりはどうだろう、、

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする